宅配水を申し込んでいたら水に困らない?【震災が起きた場合】

03.m-takuhai-3ga2011年3月11日。東日本大震災が起こりました。
改めて震災の恐ろしさを実感した日でもありました。

もう、こんな恐ろしいことは起きて欲しくない!
命があっという間に波に飲み込まれていくなんて・・・

あの日を思い出すだけでも胸が苦しくなります。
寝る前に、地震が起きませんように!と
お願いしながら寝ています。

これから地震が100%起きないかというと
そうでもありません。
南海ドラフトなど言われていますね。

どうしても避けて通れない震災対策。

宅配水を導入していたら、水に困らないのか?

東日本大震災では、道路交通法の規制があり
何日も水が供給されませんでした。

道路がストップすれば、水が配達されないので、
毎月余裕分を持って申し込んだ方が良いです。

道路が通るようになれば、既存のお客様に優先的に持ってきて貰えます。

新規の申込みは、注文が殺到して
ネットや電話注文がパンク状態でした。

水も足りないということになり、
新規でのお申込みは、不利な状況でした。

宅配水業社の中でも特に震災に強かったのが「アクアクララ」でした。
会社の規模が大きいんですよね。

全国に水の工場や営業所があるため、水不足になりにくく、配達もスムーズでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ